FC2ブログ

    プロフィール

    水屋敷主人

    Author:水屋敷主人
    長崎県島原半島にある
    しまばら水屋敷」主人です。

    リンク

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブログ内検索

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    RSSフィード

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形」著:秋山聰

    「聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形」著:秋山聰

    ◎「聖遺物崇敬の心性史 西洋中世の聖性と造形」著:秋山聰

    「2009年サントリー学芸賞」を受賞した本で、
    私の高校時代の同級生が書いた本です!\(^_^)/

    http://diary.mizuyashiki.com/2012/03/book/

    普段はこういう文学書は苦手なのですが、(^^ゞ
    3年間同じクラスだった学友の書となれば別格!

    早速入手して読んでます。

    まずは、
    コノ本の一番最初のページにこんな事が書かれててビックリ!

    「はじめに
      そもそも聖遺物崇敬に興味を持つに
      至ったきっかけは、高校時代に遡る。
      受験勉強から逃避するための一手段として、
      ホイジンガやブルクハルトの著作を、
      脈絡を無視して気ままに拾い読みしていたところ~」

    高校時代の「受験勉強」が今の秋山くんを創ってる!?(笑)

    3年間同じクラスで出席番号も近く話すことも多かったのですが、
    色白で物静かでいつも難しそうな本読んでましたもんネ。

    ちなみに
    「ヨハン・ホイジンガ」はオランダの歴史家。
    「ヤーコプ・ブルクハルト」はスイスの歴史家。らしい。
    わからないので検索しました。(^^ゞ

    秋山くん凄すぎ!\(^_^)/


    この本は6章あって、
    1章を丹念に読み、2章を簡単に読み、3~6章をザッと読んだ
    感じでは…

    ◎「聖人の遺体または一部や持ち物」=「聖遺物」として
     特に5世紀頃から「信仰」の源になってきた。

    ◎主にキリスト教の布教が広まるにつれて
     10世紀頃から「聖遺物」の争奪戦が繰り広げられた。

    ◎それに伴い「聖遺物」の入れ物(容器)の装飾に芸術性が高まり、
     「聖遺物」の巡礼が盛んになるにつれて
     「教会」の建築造形にも芸術性が増した。

    以上を、丁寧に説明されている本のようです。

    おぼろげながらイメージしていた西洋の教会や信仰が、
    歴史上に、私には考えられない「信仰の深さ」があった事実を知り、
    多少なりともショッキングで勉強になりました。

    JoJo7「STEEL BALL RUN」の聖人遺体の争奪。や
    JoJp6「Stone Ocean」のDIOの骨片が神父を経て奇跡を起こす。に
    通じる考え方を実証した感じです!?

    違うか(笑)秋山くんゴメン。m(__)m

    後半をジックリ読んでみます。(^^ゞ



    【BlogRanking長崎】参加中!←1日1クリックしていただくと、励みになります^^



    スポンサーサイト

    テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 小説・文学

    燃えろ!新日本プロレス!DVD本

    燃えろ!新日本プロレス!01 DVD本

    つい買っちゃった。(笑)燃えろ!新日本プロレス!

    ☆燃えろ!新日本プロレスvol.1(2011年10/27号):880円

    Vol.1
    ◎猪木、舌出し失神事件!
     第1回IWGP優勝戦、砕け散った世界制覇の野望(1983年6月2日 蔵前国技
    館)
     アントニオ猪木 vs ハルク・ホーガン

    ◎若き格闘王が、猪木に挑む!(1983年5月27日 高松市民文化センター)
     アントニオ猪木 vs 前田明

    ◎大巨人vs浮沈艦のド迫力バトル!(1981年9月23日 田園コロシアム)
     アンドレ・ザ・ジャイアント vs スタン・ハンセン

    ◎猛虎伝説はここから始まった!(1981年4月23日 蔵前国技館)
     タイガーマスク vs ダイナマイト・キッド

    【付録】
     復刻ポスター:新日本プロレス旗揚げ戦!(1972年3月6日 東京・大田区体育館)
     必殺技カード:リバース・インディアン・デスロック(アントニオ猪木)

    http://diary.mizuyashiki.com/2011/11/shinnichi/

    マニア心をくすぐるので、全巻そろえたい気持ちはあるが、
    2号以降は1680円なんで、二の足踏んでる。(笑)

    アンドレはスゴイ!\(^_^)/


    【BlogRanking長崎】参加中!←1日1クリックしていただくと、励みになります^^



    テーマ : この本買いました - ジャンル : 本・雑誌

    小冊子「世界の国情報2011」630円

    「世界の国情報2011」01

    久々の本紹介!(笑)

    ☆「世界の国情報2011」630円
    「世界の国情報2011」02
    世界194ヶ国の基礎情報が一目で分かる小冊子で、
    毎年発行されてます。
    「世界の国情報2011」03
    中身は「データの一覧表」ばかりなのですが、
    「数字」には「客観性」がありますので、けっこう面白いですヨ。^^

    毎年買うわけではないのですが、
    たま~に思い出したように入手します。

    http://diary.mizuyashiki.com/2011/10/book/

    ちなみに、
    最初「楽天Book」で取り寄せ注文しましたが、2週間待たされてダメで、
    「セブンネット」の「受取り」で入手。

    「amazon」は、
    日本に納税していないので、あまり使いたくありません。(-_-メ)



    【BlogRanking長崎】参加中!←1日1クリックしていただくと、励みになります^^



    テーマ : 実用書 - ジャンル : 本・雑誌

    エッセイ&コミック「常岡さん、人質になる。」♪

    エッセイ&コミック「常岡さん、人質になる。」

    新刊本紹介。

    ◎「常岡さん、人質になる。」
     絵:にしかわたく 文:岡本まーこ、常岡浩介
     定価:1,050円(税込) 出版社:エンターブレイン
     発売:2011/8/31 P143

     ツレが人質になりまして……。
     ジャーナリストの人質騒動を描いたコミックエッセイ!

     アフガンで『タリバンに拘束された!』と報道され、
     157日間拉致されていたジャーナリスト、
     常岡浩介氏の拉致~解放~帰国までを描いたコミックエッセイ。

     マスコミ報道のおかしさ、人種のギャップ感、真実の取り違いなどを
     コミカルに描き、事件以来はじめて、真相と真実を明かした問題作!?が登場!

    http://diary.mizuyashiki.com/2011/10/book/

    島原出身のジャーナリスト常岡さんのエッセイ&コミックです。

    アノ難しいアフガンの現状を、わかりやすく説明してくれてます
    し、
    人質になっていた157日間の体験を、
    本人でしか書けない視点で、語っておられます。

    命をかけてまで行動する「志」を、感じることもできた気がします。

    是非!読んでみてください。^^


    【BlogRanking長崎】参加中!←1日1クリックしていただくと、励みになります^^


    テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

    | ホーム |


     BLOG TOP  » NEXT PAGE


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。